TOP
家づくりノウハウ
2023.01.10

徳島で家を建てる「建築家デザイン住宅」後悔しない注文住宅の工務店! 洗面室やトイレの床について考えことはありますか?

R+houseロゴ
徳島で家を建てる「建築家デザイン住宅」後悔しない注文住宅の工務店!洗面室やトイレの床について考えことはありますか?
R+house徳島西店のお役立ち記事「徳島で家を建てる「建築家デザイン住宅」後悔しない注文住宅の工務店! 洗面室やトイレの床について考えことはありますか?」の詳細ページです。 R+house徳島西店は吉野川市・阿波市・美馬市の注文住宅を手がけております。住まいづくりのご検討をしていましたら、お気軽にお問い合わせください。

目次

〜 R+houseは3年連続「建築家住宅」の新築供給全国No.1 〜

こんにちは!R+house徳島西(アールプラスハウス徳島西)担当の妹尾です^^ 突然ですが、洗面室やトイレの床について考えたことはありますか?? それ以外の部屋の空間でも水を使用する場所は床に水が跳ねてついたりしますよね(^○^)

どんな床材を使っていけばいいのでしょうか?

床材について

クッションフロアー

よく耳にすることも多いのではないでしょうか。材質はビニル素材で出来ていて表面はタイル柄や大理石柄などかなり多くの柄を選ぶことが出来ます。ビニル素材なので水弾きもよく使い勝手はよいです。しかし年月が経つと表面の柄が薄れたりクッションフロアー自体が剥がれたりするのでメンテナンスはしっかりと行う必要があります。

フローリング

居室などに使用する床材をそのまま使う方法です。材質は無垢材から突板のフローリングなどありますが、部屋と同じデザインにより一体感が生まれスッキリ感が演出できます。しかしやはり表面が水に対してビニル素材に比べ弱いため、水がついたときは拭き取るなどの対応が必要になります。

タイル

大理石や、テラコッタなどの焼物素材です。これは耐久性が高く経年劣化がないので非常にメンテナンスもなく長く使っていけます。ただしコスト面においては割と割高になりがちですので予算を確認しながら検討する方が良いです。

まとめ

どうですか?洗面室やトイレなどは水が跳ねやすいところなので、注意しながら使う素材を検討してみましょう。
家づくりの基礎知識 注文住宅 工務店 建築家 設計 デザイン 性能 新築
徳島で家を建てる「建築家デザイン住宅」後悔し...
徳島で家を建てる「建築家デザイン住宅」後悔し...
コラム/ブログ一覧へ戻る

日程が近いイベント

おすすめの事例

無料の"個別相談"をほぼ毎日開催
「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、家づくりに関する気になることやお悩みは、まずは何でもお気軽にご相談ください!住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

営業時間 10:00~18:00(定休日:水曜)