TOP
家づくりノウハウ
2023.01.06

注文住宅における壁紙の役割と種類について!吉野川市の担当者が説明します

女の子のイラスト
注文住宅における壁紙の役割と種類について!吉野川市の担当者が説明します
R+house徳島西店のお役立ち記事「注文住宅における壁紙の役割と種類について!吉野川市の担当者が説明します」の詳細ページです。 R+house徳島西店は吉野川市・阿波市・美馬市の注文住宅を手がけております。住まいづくりのご検討をしていましたら、お気軽にお問い合わせください。

目次

「注文住宅の壁紙の種類を知りたい」

吉野川市在住の方でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。壁紙は近年では様々な種類や機能があり、なかなかどれを選べば良いのか分からないですよね。今回は注文住宅の壁紙について説明します。
家でくつろぐ人のイラスト

□壁紙のもつ機能とは

壁紙はインテリアとして部屋の雰囲気を作るだけでなく、機能面においても大きな役割を担っています。例えば、下地や壁を汚れや傷から保護する役割です。他にも、汚れを落としやすい、衝撃や摩擦に強い、抗菌・消臭効果、リラックス効果などがあり、使用する部屋によって適した壁紙を選択できるでしょう。自然素材を使った壁紙は、自動で空気中の湿度を調整する調湿機能もあります。(ただし、使用時には大変機能維持に気を遣う壁紙でもあります)壁紙の種類は多岐にわたるため、質感やデザインも考慮して気に入ったものを選べるでしょう。

□壁紙の種類とは

壁紙にどのような種類があるのか、それぞれ見ていきましょう。

1つ目はビニールクロスです。

ビニールクロスは一般的な壁紙であり、安価で汚れが落ちやすいという特徴があります。ペットやお子さんがいる家庭でも心配ありません。他にもマイナスイオン効果、消臭機能、抗菌機能などの多くの機能があります。

2つ目は珪藻土です。

バスマットとして人気のある珪藻土ですが、壁紙にも使われており、自然素材で消臭効果や調湿機能があることが特徴です。夏は水分を吸収し冬は水分を放出するため、カビを防止する効果以外にも美容においても効果的でしょう。ただし、年月と共に収縮があるため、ひび割れが発生していくなどメンテナンスを考えていかなければなりません。

3つ目は布や織物です。

布や織物は木綿や麻から作られているため、自然素材ならではの温もりが感じられます。落ち着いた高級感のある雰囲気を演出したい方には向いているでしょう。自然素材のため年月によって色合いが変化する経年劣化を楽しめますね。
さらに断熱性能、遮音効果、結露が発生しづらいといった特徴もあります。費用が高額になるため、この商品を選ぶ場合は予算もしっかりと考えておかないと大変高額なものとなります。

4つ目は和紙や紙です。

紙も元は天然素材で、環境に優しいことから注目を集めています。日本文化を象徴するような独特な雰囲気があり、落ち着いた和の空間を演出したい方に向いているでしょう。一方で、ヨーロッパで使われる紙クロスは日本では見られないデザインがあり、個性をアピールできます。この壁紙も個性的な反面、施工費用が高額なものになります。

□まとめ

今回は注文住宅の壁紙の種類について説明しました。壁紙にはビニールクロスや珪藻土、和紙、布など様々な種類があります。汚れに強い、衝撃に強い、抗菌効果など様々な機能の中から、適切な壁紙を選択しましょう。吉野川市で注文住宅を検討されている方は、お気軽にお問い合わせください。 「賢い家づくり勉強会」って何??>⇦クリック 「優しい家づくり相談会」って何??⇦クリック
家づくりの基礎知識 注文住宅 設計事務所 工務店 建築家 デザイン 暮らしの工夫
徳島で家を建てる「建築家デザイン住宅」注文住...
徳島で家を建てる「建築家デザイン住宅」注文住...
コラム/ブログ一覧へ戻る

日程が近いイベント

おすすめの事例

無料の"個別相談"をほぼ毎日開催
「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、家づくりに関する気になることやお悩みは、まずは何でもお気軽にご相談ください!住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

営業時間 10:00~18:00(定休日:水曜)