TOP
家づくりノウハウ
2023.01.06

徳島で家を建てる時には、健康への影響も考慮した家づくりができる!?

室温と血圧散布図の表
徳島で家を建てる時には、健康への影響も考慮した家づくりができる!?
R+house徳島西店のお役立ち記事「徳島で家を建てる時には、健康への影響も考慮した家づくりができる!?」の詳細ページです。 R+house徳島西店は吉野川市・阿波市・美馬市の注文住宅を手がけております。住まいづくりのご検討をしていましたら、お気軽にお問い合わせください。
こんにちは!R+house徳島西(アールプラスハウス徳島西)担当の妹尾です^ ^ 昼間の気温、朝夜の気温の差が出てきましたね。ちょっとずつ冬に近づいてきた感じがします。風邪など体調管理には気をつけて行きましょうね(^^) 知っていますか??高気密・高断熱の家にすると健康面に良い効果があることを。。。R+houseで実証された暖かい家の健康への影響では、研究で断熱住宅への転居前後の比較調査を行いました。まずR+houseで建てる人に引っ越し前の冬と、引っ越し後の冬に「各部屋の温度差」「血圧」「体温」「睡眠状況」の測定をしました。
室温改善例の表
新築前後で室内の各場所の温度に4〜10°Cの差が出ました。
断熱住宅による症状改善の表
そして転居後に肩こりやストレスなどの多岐にわたる症状に改善が見られることがわかりました。また寝室においては体感温度によって睡眠の質が上がることも実証されています。
室温と血圧散布図の表
高齢者ほど室温の血圧への影響が大きくなります。若いうちに高断熱の家を建てて住み続けることで10年後には様々な病気へのかかりにくさにも差がつくことが予想されます。10年かけた別の調査では暖かい家では心臓や脳の病気で死亡する確率が大きく下がることもわかってきています。冬暖かい住宅は快適であるだけでなく人の健康寿命を伸ばす大きな要因となるのです!しっかりと家づくり計画を立て、家で体の健康も守って行きましょうね(^^)/ 「賢い家づくり勉強会」って何??⇦クリック 「優しい家づくり相談会」って何??⇦クリック
家づくりの基礎知識 注文住宅 設計事務所 工務店 建築家 設計 性能 暮らしの工夫
徳島で家を建てる時に"建築家住宅"の選択肢が...
徳島で家を建てる!「本当にそれって省エネの家...
コラム/ブログ一覧へ戻る

日程が近いイベント

おすすめの事例

無料の"個別相談"をほぼ毎日開催
「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、家づくりに関する気になることやお悩みは、まずは何でもお気軽にご相談ください!住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

営業時間 10:00~18:00(定休日:水曜)