注文住宅を建てる際に家事動線は重要!家事の負担を減らすための間取りとは

注文住宅を建てる際に家事動線は重要!家事の負担を減らすための間取りとは

注文住宅の間取りを考える際は、家事動線を意識して設計するのが大切です。
普段から家事を行う方であれば、動線を意識した間取りにすることで負担を大幅に軽減できるでしょう。
本記事では、吉野川市にお住まいの方へ向けて、間取りの考え方をご説明します。
注文住宅の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。


□家事動線を意識することによって効率が良くなる?

みなさまは、注文住宅の間取りを考える際に何を意識していますか。
もしかしたら、自分好みの間取りにすることだけに注力している方がいるかもしれませんね。
その際は、ぜひ家事動線を意識した間取りも取り込んでみてください。
ここからは、家事動線を意識した間取りについてご紹介します。

例えば、広いキッチンにしたいからといって設備の配置を考えずに設計してしまうと、無駄動線が増えて調理に時間がかかってしまうかもしれません。
これを回避するためには、料理に必要な一連の流れを想像して間取りを設計するのが大切です。

また、玄関からキッチンの距離を縮めることも大切です。
なぜなら、玄関とキッチンの距離が遠いと買い物帰りに重い荷物を運ぶ時間が長くなってしまうからです。
そのため、できるだけ距離を近くすることをおすすめします。


□家事動線以外の動線についてご紹介!

動線の種類は、家事動線だけではありません。
家事動線以外の動線を知れば、より快適な間取りの住宅を建てられるでしょう。
ここからは、動線の種類についてご説明します。

1つ目の動線は、通勤動線です。
例えば、朝の忙しい時間帯は通勤や通学、家事の準備をするために家族の移動が活発になります。
そのような際、通路が狭いとすれ違うことが困難になってしまいますよね。
これを回避するためには、この動線を意識して間取りを考えるのが大切です。

 2つ目の動線は、衛生動線です。
例えば、トイレとリビングの距離が近ければ、トイレから発生する音がリビングにまで聞こえてしまうかもしれません。
このような問題を回避して気持ちよく過ごすためにも、この動線を意識するようにしましょう。

3つ目の動線は、来客動線です。
例えば、家にお客様が来た際はリビングや客間に通しますよね。
その際、プライベートなものが見えたらお互いに落ち着かないでしょう。
そのため、この動線を意識した間取りにすることが重要です。


□まとめ

家事動線を意識した間取りにすれば、家事の負担が軽くなることについてご紹介しました。
家事動線以外の動線も意識して間取りづくりをすれば、より快適な住宅を実現できるでしょう。
当社は、優れた性能や品質の注文住宅をおつくりします。
注文住宅の購入を検討している方がいれば、当社までお気軽にお問い合わせください。